ミネラルを過剰摂取した場合

ミネラルを過剰摂取した場合

何事も過剰摂取は体に良くありません。
これは、健康に良いと言われているサプリメントも一緒です。
ミネラルも例外ではなく、過剰摂取はとても危険な症状を起こしかねません。

中でも気を付けたいのが下記3つのミネラル成分になります。

●リン
魚介類に多く含まれるリン。
過剰摂取により、必要なカルシウムを骨から放出させてしまうことが考えられます。
食品添加物に多く含まれているため、知らぬうちに過剰摂取している危険性があるので、ぜひ注意してみてください。

●ナトリウム
一般的な食品にはほとんど含まれているのがナトリウム(食塩)です。
最低限必要なナトリウムの量は1日1.5g、上限としては1日6g以下と言われています。
過剰摂取により、高血圧や胃がんといった深刻な問題が起こりえます。

●塩素
塩素は、アルカリとのバランスを保ち体内を中性に保つ効果があります。
塩素は食塩に含まれた栄養素なので、過剰摂取は高血圧を引き起こします。
しかし塩素に関しては、汗などで体外に排出される特徴を持っているので、こちらはあまり心配ないでしょう。
その代り、加工食品に含まれる食塩量に気を付けなければいけません。

copyright(C)ミネラルサプリの効果